埼玉県鴻巣市 インプラント学会認定医 埼玉インプラントセンター

自分の血でつくるコラーゲンで痛みや腫れを軽減

インプラント治療や歯周外科、難しい抜歯の際に当院で導入して威力を発揮しているCGFについて紹介します。

血が出たときに止血の重要な役割を担うのが血液中に含まれる血小板とフィブリンということをご存知でしょうか。

その止血用の成分を取り出して、歯科の外科的手術に使えるようにしたのがメディフュージュという機械です。

患者さん自身の血から採取した止血成分CGF(Concentrated Growth Factors(成長因子の集合物))といい、他の血液製剤やコラーゲンと違い、100%患者様自身の血から作製した血小板・成長因子が豊富に含まれた完全自己血液由来のフィブリンゲルなので安心度も高くなります。

CGFを使用することで創傷治癒促進(傷を早く治し)、GBRなど骨造成時での感染を防ぐ効果、痛みを少なくできます。

当院でもできるだけインプラントの感染リスクの軽減、痛みの最小化、治療時間の短縮化を目標に積極的にCGFを応用しています。
自費診療ですが、インプラント治療の際に効果を実感してみてください。

<<コラーゲンができるまで>>

患者様の血液を抜けとります。
採った血液を試験管へ移します。
メディフィージュの機械へセットし、遠心分離させます。
分離した状態。はっきりと分かれているのがわかります。
コラーゲン部分だけ取り出しました。
これをインプラントを埋入した部分へ乗せます。

 


日本口腔インプラント学会専門医の院長が治療のモットーや思いを語ってます。

インプラントFAQ患者さまのさまざまな疑問、質問にお答えしています。

リンク集   

-------------------------------

埼玉インプラントセンター
〒365−0044
埼玉県鴻巣市滝馬室1393-1 
お電話:048-543-6600
FAX:048-543-6600
E-mail:info@implant-saitama.com