埼玉県鴻巣市 インプラント学会認定医 埼玉インプラントセンター

あごの骨の幅が足りない GBR

インプラントを入れるためにもっとも大切なのが土台である骨です。
しかし、歯周病や長年入れ歯を使っていた方などは骨が痩せてしまっている場合が多く、インプラントを埋入したくてもできない状況がありました。

以前はそのせいでインプラント手術を受けれない患者様もいらっしゃいましたが、骨や組織の再生技術が発展し、多くの方が恩恵を受けられるようになりました。

GBRはGuided Bone Regeneration(骨再生誘導法)といい、十分な骨の厚み、幅がない場合、人工骨や自家骨を用いて足りない部分を埋め、骨の再生を図る治療法のことです。歯周組織再生療法のひとつです。

人工骨を利用する場合には、主にリン酸カルシウム系の材料が使われますが、治療の成功率は自家骨に比べて劣ります。自家骨の場合はあごの骨などから採取し、ボーンミルなどで細かく砕いて使用します。

<<治療の流れ>>

歯が抜けてしまったり、歯周病などが原因で骨が痩せてしまった場合、インプラントを入れることができません。
再生したい部分のあごを開きます。
黒い部分が足りない骨の部分です。
足りない部分に人工骨や自家骨を埋めます。
インプラント体を支柱として、埋めた人工骨や自家骨をメンブレン(人工膜)で歯肉などの繊維を混入させないように膜をします。
歯肉をかぶせ、骨が再生できるのを待ちます。個人差がありますが、再生するまでに4-5ヶ月かかります。
再生できたら、インプラントがしっかり固定されているのを確認し、窓あけします。
人工の歯(上部構造)を作製して装着します。新しく骨が再生されたことで、歯肉も滑らかな美しい形状になります。


 


日本口腔インプラント学会専門医の院長が治療のモットーや思いを語ってます。

インプラントFAQ患者さまのさまざまな疑問、質問にお答えしています。

リンク集   

-------------------------------

埼玉インプラントセンター
〒365−0044
埼玉県鴻巣市滝馬室1393-1 
お電話:048-543-6600
FAX:048-543-6600
E-mail:info@implant-saitama.com