埼玉県鴻巣市 インプラント学会認定医 埼玉インプラントセンター

水平的なあごの骨の幅が不足している スプリットクレスト

あごの骨が足りない場合はいろいろな方法で骨を再生させますが、骨の幅が足りない場合はスプレットクレスト法を行います。
通常最低5mm程度の幅が必要なので、スプレットクレストで増幅させます。
スプレットクレストを行うには、3mm 程度の骨幅があることと、海綿骨が残っていることが必要です。

<<治療の流れ>>

骨の幅が足りない状態でインプラントを埋入することができません。
歯茎を剥離し、特殊な器具で骨に切り込みを入れます。
骨を完全には割らないよう、細いノミを入れ、二分割させます。
骨の幅が広がったら、ドリルでインプラントを埋め込むための穴を形成します。
形成した穴に、インプラントを埋め込みます。
インプラントと骨との間のスペースを、骨補填材で満たし、歯茎を縫合して終了です。
およそ3〜4ヶ月で広げた骨が固まり、咬む力に耐えられる状態になります。

 


 


日本口腔インプラント学会専門医の院長が治療のモットーや思いを語ってます。

インプラントFAQ患者さまのさまざまな疑問、質問にお答えしています。

リンク集   

-------------------------------

埼玉インプラントセンター
〒365−0044
埼玉県鴻巣市滝馬室1393-1 
お電話:048-543-6600
FAX:048-543-6600
E-mail:info@implant-saitama.com