埼玉県鴻巣市 インプラント学会認定医 埼玉インプラントセンター

歯肉が不足している遊離歯肉移植術 FGG

インプラント手術をするためには、あごの骨だけでなく、歯肉の状態も大事です。
歯周病や加齢、歯ぎしり、強い力でのブラッシングなどによって、 歯ぐきが健康な状態よりも下がっている(退縮している)ことがみられると、歯肉を移植する方法があります。
それをFGG(free gingival graft:遊離歯肉移植術)といいます。
健康的な歯ぐきにすることで、炎症などを引き起こす可能性が減らせます。

他の部位から切り取ってきた歯肉を移植するのですが、ほとんどの場合、口蓋の部分の歯肉を切り取って使用します。

<<治療の流れ>>

歯肉がさがってしまった部分
口蓋から歯肉を取り出します
取り出した歯肉を足りない部分に移植し、縫合します
1週間ほど歯肉の状態をみて、糸を抜いて、完成です

 


日本口腔インプラント学会専門医の院長が治療のモットーや思いを語ってます。

インプラントFAQ患者さまのさまざまな疑問、質問にお答えしています。

リンク集   

-------------------------------

埼玉インプラントセンター
〒365−0044
埼玉県鴻巣市滝馬室1393-1 
お電話:048-543-6600
FAX:048-543-6600
E-mail:info@implant-saitama.com