埼玉県鴻巣市 インプラント学会認定医 埼玉インプラントセンター

インプラントはここまでできます。

埼玉インプラントセンターの治療しました患者様のケースです。
現在、ここまでインプラント治療が可能になりました。

お口に大きな変形のある方、腫瘍の切除をされた方、交通事故で怪我をされた方。さまざまな患者様にインプラント治療は大きな恩恵をもたらしております。

インプラントの治療例

こちらの患者様[図NO.1参照]は、10数年ほど前に交通事故によって、お口の中の怪我をされました。
上の前歯を損傷され、また上顎の骨も、損傷を受けたそうです。 その時、ブリッジをお造りになり、今まで過ごされてきました。

今回来院されたのは、当時お造りになったブリッジが破損してしまったためです。 また、かなり無理なブリッジの設計とならざるをえなかったため、残っている歯もダメージを受けています。前歯は抜歯するしかありませんでした。

 

抜歯後です。[図NO.2参照]

インプラントをご希望されていますが、その時点では、インプラントを 入れられる状態ではありません。

写真ではお分かりにくいかもしれませんが、レントゲン、CTスキャンで診ますとあごの骨が大きく欠損しています。 外傷によって、すでにインプラントを入れるべき骨が、大きなダメージを受けています。 支えになる骨が、存在しないのです。

私の出身大学の、口腔外科の先生に治療も含め、相談しました。 
その結果、患者様ご自身の骨をあごに移植して、そこにインプラントを埋め込もうという治療計画を建てました。

 

大学病院に入院していただき、骨を移植していただきました。[図NO.3参照] 入院は数日〜1週間程度でした。

お口の状態をここまで改善することができました。これならインプラントが可能です。 ここまでになれば、後は私たちの出番です。

 

インプラントを埋入し、その後歯を入れました。 [図NO.4参照]
前歯のインプラント、奥歯に比べますと非常に難しいのです。 しかし、インプラント治療者の腕の見せ所でもあります。
インプラントの治療は思った通りに上手くいきました。 治療後は患者様も、とても喜んで下さっています。

歯科医師冥利に尽きる時です。


日本口腔インプラント学会専門医の院長が治療のモットーや思いを語ってます。

インプラントFAQ患者さまのさまざまな疑問、質問にお答えしています。

リンク集   

-------------------------------

埼玉インプラントセンター
〒365−0044
埼玉県鴻巣市滝馬室1393-1 
お電話:048-543-6600
FAX:048-543-6600
E-mail:info@implant-saitama.com