埼玉県鴻巣市 インプラント学会認定医 埼玉インプラントセンター

壊された歯周組織を再生 GTR

歯周病が重度になると骨も溶けて、歯がぐらぐらして抜けてしまいます。
抜けた歯の部分にインプラントを入れたくても骨が足りない場合に骨を再生するのがGTR法です。
GBR法と違うところは、歯槽骨だけでなく歯肉・歯根膜・歯槽骨などの破壊された歯周組織全体を再生させるというところです。

歯周病により失った骨や歯肉繊維はその原因であるプラークや、汚染組織を除去すれば自ら再生しようとします。
しかし、歯周病が治っても、そのままにしておくと 治ってほしい骨や歯肉繊維が再生する前に “別の組織 ” がそこに入り込み、治ってくれません。
そこで骨が失われた部位にメンブレン(人工膜)貼ることにより別の組織の侵入を妨ぎ、歯槽骨や歯根膜などの歯周組織が回復するためのスペースを確保します。
そうすることにより “ 膜 ” の下に必要な骨や歯肉繊維 が再生します。

<<治療の流れ>>

まずは歯肉をはがし、歯周病の原因となっているプラークなどを取り除き、患部を清潔にします。
歯槽骨や歯根膜が不足している部分を、メンブレン(人工膜)で覆います。
これで再生に必要ない部分が入り込まないようにします。
歯槽骨や歯根膜が再生するのを待ちます。
個人差がありますが、数ヵ月で新しい歯槽骨と歯根膜が再生します。
再生ができたら、メンブレンを取り除きます。
今はメンブレンが溶けるものを使う場合は、メンブレンを再度取り除く必要はなく、一回の診療で済みます。

日本口腔インプラント学会専門医の院長が治療のモットーや思いを語ってます。

インプラントFAQ患者さまのさまざまな疑問、質問にお答えしています。

リンク集   

-------------------------------

埼玉インプラントセンター
〒365−0044
埼玉県鴻巣市滝馬室1393-1 
お電話:048-543-6600
FAX:048-543-6600
E-mail:info@implant-saitama.com