埼玉県鴻巣市 インプラント学会認定医 埼玉インプラントセンター

上あご奥歯を失い、スペースが足りない サイナス・リフト

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)とは、臼歯部にインプラントを打とうとした際に上顎洞(上顎骨の内部には上顎洞と呼ばれる大きな空洞)までの距離が短く、 そのままではインプラントが打てない場合に行われる手術です。

上顎洞は様々な要因がきっかけとなり、拡大する傾向を持っています。さらに、歯がなくなると歯槽骨も吸収しますので、上顎においては歯槽骨側と上顎洞側から骨吸収が進行することも少なくないのです。

そこで、サイナスリフト(上顎洞底挙上術)では、上顎洞底粘膜(シュナイダー膜)を挙上し、挙上して出来たスペースに骨移植やPRPなどを行い、3〜6ヶ月ほど待ちます。
サイナス・リフトが成功すると上顎洞までの間に十分な量の骨が新たに造られるので、インプラントを打つことが出来るようになります。

<<治療の流れ>>

上あごの骨の足りない部分を開きます。

 

 

上顎洞側壁相当部の骨のブロックをピエゾサージェリーを使用して取り除きます。
上顎洞底部と歯槽骨の間の粘膜(シュナイダー膜)を持ち上げ隙間を作ります。
 
隙間にCGFと骨補填材を入れます。
取り除いた骨のブロックを戻し、メンブレン(人工膜)またはCGFで作った膜をかぶせます。
縫合して、6ヵ月間放置し、増骨を待ちます。

 


日本口腔インプラント学会専門医の院長が治療のモットーや思いを語ってます。

インプラントFAQ患者さまのさまざまな疑問、質問にお答えしています。

リンク集   

-------------------------------

埼玉インプラントセンター
〒365−0044
埼玉県鴻巣市滝馬室1393-1 
お電話:048-543-6600
FAX:048-543-6600
E-mail:info@implant-saitama.com