埼玉県鴻巣市 インプラント学会認定医 埼玉インプラントセンター

上あごの奥歯の高さが減少している ソケットリフト

インプラント手術を行うための条件はさまざまありますが、上あごの奥歯の場合に懸念されるのが上顎洞(上顎骨の内部には上顎洞と呼ばれる大きな空洞)です。
上顎洞の空洞が拡大して骨の厚みがなくなっているとインプラント体を埋入することができません。

そこで行われる補助手術がソケットリフトかサイナスリフトです。
ソケットリフトは、歯の生えていた部分から(歯を抜いたときはその穴から)。 サイナスリフトは、歯が生えていた部分の側面の歯ぐきからアプローチしていきます。

インプラント補助手術のソケットリフト法とは、上顎の奥歯の歯槽骨(歯を支える骨)の幅は問題ないが、高さが減少しているケースで、インプラント埋入と同時に骨の高さを増大させる方法です。

ソケットリフトは、しっかりとインプラントが固定できるだけの骨の厚み(最低3〜5mm)がないとできません。

<<治療の流れ>>

抜歯により上顎洞が拡大し、歯槽骨が足りない部分
歯槽骨にオステオトームで穴を開けます。
骨になる物質を入れ少しずつ上顎洞粘膜を上げていきます。
骨を取り除いた穴に、CGFも加えます。
CGFによって骨再生が誘導されインプラントが安定します。
次にインプラント体を埋入します。
インプラント体が固定されたら、上部構造をつけます。
通常では固定されるまでに3ヶ月ほどかかります。

 


日本口腔インプラント学会専門医の院長が治療のモットーや思いを語ってます。

インプラントFAQ患者さまのさまざまな疑問、質問にお答えしています。

リンク集   

-------------------------------

埼玉インプラントセンター
〒365−0044
埼玉県鴻巣市滝馬室1393-1 
お電話:048-543-6600
FAX:048-543-6600
E-mail:info@implant-saitama.com